遺言の種類と気を付けたいポイント

決められた方式で作らねばならない遺言の作成上のポイントはこちら

自分が死んだ後のこと考え、遺言をしようと思う時、どのようにすればいいのか悩まれる方も多いかと思います。

遺言の方法は、「法律の定める方式に従わなければ、これをすることができない」と定められています。したがって、決められた方式以外でされた遺言は無効となってしまいます。
“遺言の種類と気を付けたいポイント” の詳細は »

第三者へ譲渡された相続分について

遺産分割協議において、その完了前に相続分を譲渡することは可能でしょうか。可能であれば遺産分割協議に第三者も参加するのでしょうか

相続財産を分割する際、もし被相続人が遺言などでその分割を指定していた場合はそれに従って相続はされますが、特になければ法定相続分通り分割することとなります。しかし、全てが金銭というわけでもなく、きっちり分けるという事は難しいでしょう。
“第三者へ譲渡された相続分について” の詳細は »

商売における様々な価値の相続

家業の相続をする時、その中で財産として評価されるのはどんなものなのでしょうか

商売を行っていれば、さまざまな金銭や商品だけでは分けえない「価値」といったものの相続について悩む場面も出てくることかと思います。

例えば、本店と支店を相続人が分けて相続することになった時、得意先を営業財産の一部として捉えれば、得意先をどのように分けるかによって、損得といったものが生まれてくるかもしれません。しかし、
“商売における様々な価値の相続” の詳細は »

エンディングノートと遺言書

遺言書とエンディングノートの違いと、法的効力とは

相続というと最近よく聞くのがエンディングノートという言葉です。このエンディングノートはどんなものなのでしょうか。 その前に、いわゆる遺言について考えてみたいと思います。遺言は個人が死後の事を考えて、亡くなる前に自分の財産を誰に、どのような形で相続するかを書いた文書を指します。この遺言が必要かどうかという事ですが、
“エンディングノートと遺言書” の詳細は »

多くの財産を両親に残したい時

自分の親に財産を多く残しておきたい時何か方法はあるのか

自分の財産を親に残したいという方もいるのではないでしょうか。

苦労して自分を育ててくれた親に、何らかの感謝の気持ちを残したい。もちろん自分が先に亡くなるのが一番の親不孝であるのは承知しているが、万が一ということもあるので、その時の事を考えておくという方もいらっしゃるかと思います。
“多くの財産を両親に残したい時” の詳細は »